JQ CARD  UFJを選ぶ理由は?

2012年08月09日未分類コメント&トラックバック(0)

JR九州のクレジットカード、「JQ CARD」は、入会申請時にセゾンカードとUFJニコスカードの2種類から選ぶことができるわけですが、いったいどちらを選べばいいのか、迷う方も大勢いると思います。

今回はUFJニコスのカードをご紹介。

UFJのカードの場合、国際ブランドがVISAとMaster Cardの2種類から選べます。

ただ、VISAとMaster Cardは共同で加盟店の開拓をしているので加盟店の多くが重複しているよう。

「ヨーロッパ圏ではマスター、アメリカ圏ではVISA」が使える場所が多い、と一般的には言われているようですが、少なくとも日本国内で使うならば、それほど利便性などに違いなないようです。

よく行く海外がアメリカかヨーロッパ、どちらかに偏っているなら、若干は意識していいかもしれません。

どちらも国際的には非常に通りのいいブランドですので、海外で使う予定のある方はJCBカードよりも使いやすいかもしれません。

ほかに、UFJのJQ CARDにはゴールドがある、というのは大きな特徴です。

年会費8400円という、一般的なゴールドカードの年会費10500円に比べればゴールドカードとしては比較的お手頃なカードですが、かといって「名ばかりのゴールド」ではありません、ちゃんと使える機能がいっぱいなんです。

最高3000万円までの海外旅行傷害保険、同じく最高3000万円までの国内旅行傷害保険がつきます。

ただし国内旅行傷害保険のほうは、ホテル・飛行機などの代金をこのカードで支払った場合に限られますのでご注意を。

そのほか、年間200万円、購入から90日間補償のショッピング保険や、空港ラウンジが利用可能になるなど、かなりの充実ぶり。

JQポイントも、従来のJQ CARDでは200円につき2ポイントだったところ、200円につき3ポイント貯まるという高還元率です。

「いつかゴールドを持ちたい」と考えている方、ゴールド狙いでいくなら、JQ CARDはUFJニコスを選んで利用実績を積むのがよいかもしれません。

スポンサードリンク
アドセンス

JQ CARDをランクアップ

2012年08月09日未分類コメント&トラックバック(0)

JQ CARDユーザーのみなさん、ふだん使ってるクレジットカードをランクアップして、ゴールドにしてみたいとは思いませんか? 「でもゴールドカードって、限られた高収入の人だけのものでしょ?」と、敷居が高いと感じる方も多いかもしれませんが、実はゴールドカードにするハードルはそんなに高くはありません。

UFJ JQ CARD GOLDは、安定した収入のある18歳以上の方なら入会することができます。

年会費は8400円。

ゴールドカードとしてはお手頃なのですが、それでも、ちょっと高いなー、と思う方もいると思います。

でも、このカードにはそれを補って余りあるメリットがたくさんあるのです。

まずはなんといってもポイント還元率の高さ。

通常のJQ CARDであれば200円につき1ポイント貯まるところを、なんと200円につき2ポイント貯めることができます。

今までの2倍のペースでポイントを貯めることができるので、お買い物が楽しくて仕方なくなるかも。

また、忘れてはならないのが空港ラウンジの利用権。

JQ GOLD CARDのユーザーになれば、福岡空港、成田空港、関西国際空港はじめ、全国の専用ラウンジを無料で利用できます。

もちろん、各種の付帯保険も充実。

最高3000万円まで補償の海外旅行障害保険、同じく最高3000万円まで保障の国内旅行障害保険は、旅行中の思わぬ事故や病気、けがのときに大活躍してくれます。

また、JQ CARD GOLDでのクレジット決済で買った品物の破損や盗難を、ご購入から90日間、年間200万円まで保障。

これらの保険が別途のお申し込みは必要なく、カードに自動でついてくるんです。

さらに、JR九州ホテルやホテルオークラJRハウステンボスには通常より1時間早くチェックインできたり、「うまや」の東京や九州各地の8店舗でのお食事代金が10パーセント無料になったりと、充実のサービスが盛りだくさん。

大人のあこがれゴールドカードに、いまこそ手をのばしてみませんか?

JQ CARDで新幹線

2012年08月09日未分類コメント&トラックバック(0)

JQ CARDで新幹線もお得に。

九州から中国・関西方面へよく出かける方なら、ぜひともJQ CARDの利用がオススメです。

入会して、なんとなくポイントを貯めたりしているけれど、それほどお得感を感じていない、という方へ。

もし旅行や出張などで新幹線に乗る機会があるなら、JQ CARDを使わない手はありません。

このカードの特徴はまず何よりも便利なこと。

カード会員限定の「eきっぷ」や「早得きっぷ」が購入できます。

「eきっぷ」はネット上で関西方面への特急・グリーン席の予約ができるサービス。

同時に通常の片道もしくは往復乗車券も買えてしまうので、わざわざ新幹線に乗る前日に駅に行って、切符を買う必要はもうありません。

たとえば熊本から新大阪までの片道料金が2010円も安くなります。

さらに、乗車3日前までに購入予約すればそれ以上に割引される「e早得」というサービスもあり、こちらは熊本から新大阪までが通常より2880円もお得に。

「eきっぷ」は発車6分前まで予約できるのに対して、「e早得」は新幹線に乗車する日の3日前、それも23:00までの予約が必要。

ですがそのぶん安い、という違いがあるので、予定が直前までわからないときには荷物を準備してから「eきっぷ」を予約してお出かけ、ほぼ確実に予定の変わらない出張や旅行などは「e早得」を使って、浮いたお金をお土産代にまわす――などというように使い分けましょう。

決済の際に貯まる「eレールポイント」は、JQ CARDのJQポイントと交換できます。

さらに、旅先でもお得に使える場所が。

JQ CARDはホテルグランヴィア岡山や、ホテルグランヴィア大阪など、全国のJRホテルグループのホテルの基本宿泊料が10パーセントOFFに。

市川猿之助プロデュースの居酒屋「赤坂うまや」「外苑うまや信濃町」ではお食事代の割引サービスまで受けられます。

便利に新幹線に乗って、お得に泊まって食べられる――九州から新幹線で旅をするなら、ぜひ持っていたいのがJQ CARDです。

セゾンを選べばアメックスが選べる!

2012年08月09日未分類コメント&トラックバック(0)

JQ CARD セゾンにするメリットは? JR九州ユーザーの強い味方、JQ CARDはセゾンとUFJの2種類。

もちろんどちらも年会費は永年無料ですし、アミュプラザやデイトスでのお得な割引が受けられることは変わりありません。

そのなかでもJQ CARD セゾンのほうの特徴をお伝えします。

JQ CARD セゾンのメリットはなんといっても、国際ブランドをVISA、MasterCard、JCB、American Expressの4種類から選べることです。

これまで使っていた国際ブランドを引き続き使ったりもできるので便利ですよね。

とくに、「アメリカンエクスプレスを持っている」というのは日本でもそれ自体ステータスと考える人が多いよう。

アメックスは海外では加盟店舗数の多さなどから、たとえばJCBカードより、よほど便利に使えるカードです。

Amrican Expressを選択すると、海外でのお買い物でポイントが2倍になる〈海外2倍ポイント〉、旅行先での案内やサポートサービスが受けられる〈American Expressトラベルサービス・オフィス〉、
〈American Expressトラベルサービス・オフィス〉は、旅行先の現地語、もしくは英語での案内になりますので、語学に自信のないかたはちょっと使い勝手が悪いかもしれませんが、〈American Expressセレクト〉ならザ・ペニンシュラ東京や帝国ホテル、JRホテルグループの専用サイトからのオンライン予約が可能で、しかも宿泊費が大幅割引されるケースも。

このほかショッピングや飲食店でも、お得なサービスが受けられます。

同じJQ CARD セゾンでも他の国際ブランドにはない特典ですので、海外によく行く方、American Expressのサービスを体験したい方には、ぜひアメックスを国際ブランドに選ばれることをすすめします。

お得なポイント交換

2012年08月09日未分類コメント&トラックバック(0)

JQ CARDには、お得に利用することで貯めることが出来るポイントサービスがあります。

このJQ CARDのポイントサービスは、利用する分だけポイント付与されます。

貯めたポイントは、色々な旅行券や九州地方の特選品とポイント交換することが可能です。

また、JQ CARDと特徴であるSUGOCAへのチャージにも、ポイント交換することが可能です。

このJQ CARDのポイントの貯め方としては、一般でのショッピングなどでの利用では、200円ごとに1ポイントが付与されます。

また、JQ CARDのゴールドをお使いの方は、200円ごとに2ポイントが貯まります。

また、JQ CARDからのSUGOCAへのオートチャージでもポイントが付与される仕組みです。

オートチャージとは、SUGOCAを利用するときに、チャージされていない不足分を、JQ CARDから自動でチャージしてくれるサービスです。

このオートチャージ機能を使っても、ポイントがもらえます。

こうして貯めたポイントは、色々な景品やチャージにポイント交換することができるのです。

JQ CARDのポイント交換の方法は、インターネットからの申請、もしくは郵送での申請を行うことができます。

インターネットからのポイント交換を行う場合は、JQネットクラブへの登録手続きが必要になります。

この登録料は無料ですので、安心して登録できます。

このJQネットページでは、ポイント交換だけではなく、JQ CARDの利用明細などの確認や、各種変更手続きを行う事ができますので、非常に便利なサービスとなっています。

また、郵送でのポイント交換を行う場合は、ポイント交換用紙に記入をして、事務局まで送ってください。

JQ CARDのポイントには、有効期限が存在します。

この有効期限は、翌年度の3月末までとなっていますので、忘れないで期限が切れる前にポイント交換をしましょう。

有効期限が切れてしまった後でのポイント交換は一切できませんので、ご注意下さい。

ETCもJQ CARD

2012年08月09日未分類コメント&トラックバック(0)

夏もいよいよ本番。

車でお出かけすることも多くなります。

免許取りたてで、まだETCを付けていない方、あるいは高速にあまり乗らないから、なんとなく設置を後回しにしていた方――そんなあなたに、料金所でわずらわされることなくドライブしながらポイントを貯められて、お得な割引サービスも受けられる、JQ CARDのETCカードをご紹介します。

JQ CARD セゾンといえば、SUGOCAへのオートチャージなど、JR九州の電車を利用する方の頼れる味方ですが、これはJQ CARD セゾンユーザーのためのETCカードです。

これさえあれば、料金所の通過もノンストッブ。

助手席の同乗者と「もうすぐ料金所だから小銭おねが~い」「まかせてー……あっ、シートの下に100円落としちゃった……」なんて面倒な連携プレーを発揮する必要もなく、通過するだけで自動で料金を清算してくれます。

さらに、通常のお買い物でのカード利用と同じように、高速料金の支払いでJQポイントも貯まります。

年会費はなんと永年無料。

通過した時刻によっては割引サービスも。

たとえば北九州高速なら「早朝夜間割引」「土曜割引」「日祝日割引」など、あらゆる時間帯に割引の設定があるので、さまざまなライフスタイルやスケジュールに対応して、カーライフをお得にしてくれます。

たとえば早朝夜間割引(10パーセントOFF)は毎日22:00~7:00、土曜割引(5パーセントOFF)が土曜日の7:00~22:00、日曜割引(10パーセントOFF)は日曜日の終日。

ということは、一週間168時間のうち、なんと93時間でETC割引が実施されているのです。

電車のおでかけでも、車のお出かけでもポイントが貯まるのはなんともうれしいですよね。

すでにJQ CARDをお持ちの方、ETCカードの申し込みは、セゾンカウンターならなんと即日、インターネットや電話からなら、お申し込みご最短3日で発送されます。

JQ CARDで夏のお出かけもスイスイ!

次のページ »